毎日の食卓に欠かせないのがブルーベリー

ブルーベリーが、健康のために、とてもいいということを知ってから、もう何年も、毎日、何らかの形で、摂るように心がけています。一年中、食べるためには、シーズン中に、地元のものを大量に買って冷凍して置きます。最近では、地元の産直などでも、冷凍して販売していますから、足りなくなったら、産直で買ってきます。毎日使う分は、ジャムにしておくと便利です。パンにつけたり、ヨーグルトに入れたりできます。その他にも、バナナや小松菜などとスムージーにしたりします。ブルーベリージャムを入れることによって、グリーンスムージーなどは、とても飲みやすく、また、一段と美味しくもなります。その他にも、煮魚などの時に調味料の一つとして重宝しています。特に、青魚との相性がいいようです。その他にも、ブルーベリーは、ケーキやデザートなどにも使える素晴らしい食材です。

ブルーベリーが注目された第二次大戦

日本は世界大戦を2回経験しています。第一次大戦では戦勝国となりましたが第二次大戦では敗戦国となっています。それをきっかけとして武力を放棄し経済活動などに従事しました。戦争はあってはいけないことですが、戦争によって生まれたもの、発見されたものも多いとされています。科学技術などの他に、ある食品が体にいいのではと研究がされるきっかけになったと言われています。ある国の空軍のパイロットはブルーベリーのジャムをパンに付けて食べることが多かったそうです。このパイロットたちは暗い場所でも平気で航行することができたとしてもしかすると目にいい効果があるのではと注目されるようになりました。その中からアントシアニンであったり、ポリフェノールなどが発見されて今は化学的に目にいいことが証明されています。戦争がきっかけになっていました。

ブルーベリーの効果について

ブルーベリーの主な効果は、目に良い点とダイエット効果がある点の2つであります。目に良いというのは、ブルーベリーに豊富に含まれているアントシアニンという成分が大きく影響しています。この成分は、人間の視力に良いとされているものであり、視力回復の効果が期待できると様々な健康食品に使われています。視力に不安がある方は、ブルーベリーの摂取がオススメです。また、目に良いだけでなく、ダイエット効果も期待できます。現代は高カロリーの食材を摂取しがちになりますので、太り過ぎてメタボリックシンドロームを引き起こす人が増えてきています。そこで、またまたアントシアニンが良い働きをしてくれます。この成分は、目に良いだけでなく、脂肪を溜めにくい身体にしてくれる効果があります。脂肪が溜めにくくなれば、当然ながら太りにくくなります。

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)