ブルーベリーは自宅で栽培が可能

ガーデニング、家庭菜園、家庭果樹園などを行うことがあるかもしれません。庭がないとできないように感じますが、マンションのベランダでも簡単に行える場合があります。最近では家電製品で容易に野菜を栽培できるようになっています。無農薬の野菜などを自宅で栽培できるほど安全なことはありません。ただし野菜や果物にはそれぞれ生育したりするのに適している地域などがあります。ブルーベリーに関しては日本においては比較的栽培が可能とされています。寒冷地、高齢地が適していると言われていますが、温暖な地域でも栽培できる品種ができています。ホームセンター等で果樹の木が販売されていますが、その中にも見られるようになっています。水やりであったり、肥料のやり方、日の当て方などに気をつければ花を付けさせる事ができるでしょうし、実も成らせる事ができます。

ブルーベリーは1日にどれくらい取るといいか

食品の中には栄養分が含まれています。三大栄養素と言われるタンパク質、脂質、炭水化物に関しては1日にどれくらい摂取すると良いと言われることがあります。その他ミネラル関係についても一定量を摂取するようにと言われます。摂取したらいい量もありますが、摂取のし過ぎについて注意されることもあるので気をつけなければいけません。脂質や炭水化物はとりすぎに注意をします。ブルーベリーに関しては1日にどれくらい摂取すると良いとされるかです。体に良い量としては1日約40グラムとされています。一粒1グラムぐらいですから、粒にすると40粒から50粒ぐらいになっています。そのままでもいいですが、酸味が強い食品でもあるのでそれを和らげるようにするといいでしょう。食べ方を工夫することで毎日でもどんどん食べることができるようになります。

ブルーベリーの健康に良い成分について

ブルーベリーは、様々な食材として使われているほどの人気のフルーツとなっています。その人気の秘密は、ブルーベリーには人間の健康に良い成分が豊富に含まれているからであります。その成分というのは、まず1つ目はアントシアニンという成分があります。これは、主にポリフノールの一種であり、主な働きとしては人体にとって有害であるサビ付きを抑えてくれる効果があります。また、目の疲労にも効果があるとされています。2つ目は、ビタミンAが豊富に含まれています。これも、アントシアニンと同じような働きをします。ですが、アントシアニンの働き以外にも、風邪の予防にもなったり、皮膚や粘膜の健康維持の働きもあったりします。そして、最後に3つ目は食物繊維が豊富に含まれています。食物繊維は、腸の働きに良いとされています。腸の働きが良くなれば、便通が良くなります。

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)