ブルーベリーは暗視力に効果がある

動物には昼行性の動物と夜行性の動物がいるとされます。人は昼行性です。昼に活動をして夜には寝ます。夜行性に関しては暗い時にも行動をすることができるとされます。よく知られているのは猫です。夜になっても目がキラリと光って暗い中でも平気で移動していくのがわかります。それぞれの生物においては生き残るために一定の能力を得るのでしょう。人は基本的には真っ暗闇では何も見えなくなります。それでも夜になると慣れてきて見えてくることがあります。これは暗視力と呼ばれる部分で能力としては重要な部分になります。ブルーベリーを食べることによって暗視力が良くなるとされます。昼行性ですから一見不要なように感じますが、夜に行動することはありますし、暗いところにいることもあります。見えにくいようなところにおいても様子を見ながら行動することができる能力です。

ブルーベリーでピントを合わせる能力改善

カメラにおいては昔のタイプのものは自分でピントをあわせる必要がありました。ある部分を回すと徐々にピントが合うようになります。現在はオートフォーカス機能があって自然にピントが合います。すごい機械のように感じられますが、人の目もオートフォーカス機能が付いています。意識することなく見たものにピントをあわせることができます。そうすることで状況の判断が行えます。視力が弱くなってくるとこのオートフォーカスのようにピントを合わせるのが難しくなるとされます。ブルーベリーに含まれるカシスアントシアニンにおいてはピントを合わせる効果があるとされます。見えるけども見えにくいようなことがあるのであれば、こちらによって一定の効果を感じることができるかもしれません。将来的に視力を維持したいような場合にも食べるようにすると問題が少なくなるかもしれません。

ブルーベリーがもたらす効果

ブルーベリーがもたらす効果で有名なのが、目の健康に良いことであります。それは、目の健康に良いとされるアントシアニンが豊富に含まれているからであります。しかし、目の健康だけでなく血液をサラサラにしてくれる効果も期待できます。それは、血液をサラサラにするビタミンEが豊富に含まれているからです。血液がサラサラになれば、高血圧や動脈硬化の予防に繋がるため、人体にこれほど良い物はないです。さらに、ブルーベリーと一緒にナッツ類を食べると、さらに効果が高まります。それは、ナッツ類にもビタミンEが豊富に含まれているため、相乗効果が期待できるからです。ビタミンEが不足してしまうと、血管の老化を早めてしまうため、血液がサラサラになりにくくなります。ですから、豊富なビタミンEを含むブルーベリーとナッツ類を同時に食べることをオススメします。

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)